ボーリングのピンは10本だけど昔は9本だった

モノ

屋内レジャーの定番ボーリング。ボーリングといえば10本のピンを倒した本数を競うもの。
いまでこそピン10本の並びは1-2-3-4という三角形に並べられているのが常識ですが、その昔は違いました。
ボーリングのルーツは1826年に「ナインピンズ」というオランダ移民によって米国に伝わったもので、ピンを災いや悪魔といったものに見立て、倒すことで災いから逃れるという宗教儀式が発端。その後、賭け事になり、行き過ぎたことで1865年に「ナインピンズ禁止法」が施行され禁止となりました。その時に9本のピンを倒すという法律を逃れるために10本に変更したのが、現在のピン本数のきっかけとされています。
ちなみに9本のときは1-2-3-2-1というひし形に並べられていました。

カテゴリー:
関連記事