割引率・割引後価格の計算方法

目次

定価の割引き(%OFF)かを計算する方法

商品を買うときに何%引き(割引率)かを求める計算方法です。

【例】定価30,000円のものが特価24,000円で販売されている時の割引率は?
24000 ÷ 30000 = 0.8
80%の価格で売られているということになるので、答えは20%OFF(2割引)となります。
電卓で計算する場合の手っ取り早い計算方法。
値引額[定価 – 特価]÷ 定価 × 100
30000 – 24000 = 6000
6000 ÷ 30000 × 100 = 20

定価の割引き(%OFF)後の価格を計算する方法

【例】定価30,000円の2割引(20%OFF)後の金額は幾らかを計算する方法です。

  1. 30000円の20%OFF(2割引)の値引き額を求めます。
    30000 × 0.2 = 6,000
  2. 次に定価から値引き額を計算すれば割引後価格が算出できます。
    30000 – 6000 = 24000

答え:割引後価格 24,000円
電卓で計算する場合は、値引き率ではなく定価の何%の価格で売るという考え方で行うと早いです。
30000円の80%(8割)の価格で販売されていると考えます。
30000 x 0.8 = 24000

目次
閉じる