押印と捺印の違いとは?読み方は?

仕事をしていると書類に印鑑が必要となる場合があります。
その際に使う言葉「押印」と「捺印」。同じ印を押すという意味ですが、ビジネス的にどういったシチュエーションでどちらを使えばいいか悩むことがあります。また、読み方がわからないという方も思いのほか多いのです。

目次

押印とは

「押印」の正式な呼び名は「記名押印」です。読み方は「おういん」です。
押印は名前を自筆で記名やサインする代わりのものとしての意味合いになります。
なので回覧で印鑑だけを押してもらう場合は押印を使います。

捺印とは

「捺印」の正式な呼び名は「署名捺印」です。読み方は「なついん」です。
自筆で記名やサインを書いた署名(自署)にプラスして印鑑を押すことです。
自筆で書いた名前にプラスして印鑑を押して貰う場合に捺印を使います。
欧米では署名が最も法的効力が強く、日本でも記名押印よりも署名、署名よりも署名捺印が効力が強いのです。

目次
閉じる