キャッチコピー

わが子と話せる時間は、悲しいほど少ない【キャッチコピー】

キャッチコピー

大野政仁 氏によるカンロ飴の雑誌やポスター広告に使われたキャッチコピーです。

わが子と話せる時間は、悲しいほど少ない。

キミが生まれてきてくれて、もう6年の月日が流れようとしています。
その間、いろいろあったね。
はじめて歩いて僕のところまで駆け寄ってきたキミ。
転んでも歯をくいしばって泣かなかったキミ。
そうそう、おつかいを頼まれて財布を無くし、いつまでも玄関の前でじっと座っていたこともあったっけ。
これからもいろいろなことがあると思うけど、すべてのキミが、僕は好きです。
だけど、昨日、見たくないキミに会ったんだ。
ウエディングドレスを身にまとい、知らない男と満面の笑みで笑っている。
凛とした顔で何かを僕に伝えている。
そんなキミの姿を。
夢だと気づき、目が覚めた時には、なぜか僕は泣いていました。
でも、しょうがないんだね。
あと何年もすれば、それが現実になるのだから。
だから話そう。
どんな些細なことでもいい。
嬉しかったこと。
悲しかったこと。
苦しかったこと。
もっと話そうよ。
ふたりで話せる時間は、ふたりが思ってるより少ないのだから。
キミの好きな飴でも、一粒一粒、食べながらね。

いつまでも幼いと想っていたわが子。
親は子供が成人を迎えても、いつまでたっても子供のままにみえるものです。
やがて結婚して巣立つ娘。
父親にとっては嬉しいことであると同時に、寂しくもあること。
でも、それが娘の親孝行でもあると思う。
元気に無事にいてくれること、幸せでいてくれることが最大の親孝行になるんじゃないかな。

-キャッチコピー

テキストのコピーはできません。