iPhoneテクニック

iPhoneカメラの夜の謎の光の帯・ゴーストは消せるのか?

Appleのスマートフォン iPhone 12 Pro Max。
そのカメラ性能はとても高く、夜景などの暗闇でも高画質な写真撮影や動画撮影が可能です。
しかし、iPhoneで夜や暗いところで撮影をすると緑色や白色の点や帯が出現することがあります。
iPhone11やiPhone12といったアップルのスマートフォンだけではなく、最近のレンズを多層化している高性能なスマホではよくみられる現象です。

スマホの故障や不具合が真っ先に浮かびますが、これらの多くは製品の仕様となっています。
今回のような現象を「ゴースト」や「フレア」と呼ばれています。

最近のスマホのカメラは数枚のレンズが層となり、高画質な撮影を可能としてます。
小さなレンズやセンサーで光を取り込もうとしたとき、レンズの層の中で反射をしてしまうことで、そこにはない光の点や帯とが映り込む現象が発生しています。

結論からすれば、これらは仕様であり、完全に消去することはできません。
レタッチソフトや動画編集ソフトといったソフトウェアで消すことはできますが、撮影した元データで消えるわけではありませんので、ひと手間かける必要があります。

残念ながら広角、超広角、望遠のどのレンズ・撮影モードで撮っても現象は発生します。

光の点は暗い中で強めの光が入ってきたときになりやすいのです。
対処法としては、強い光を入れない、もしくは撮影時の明るさを下げる(暗めにする)ことで、目立たないように誤魔化すことができます。

あまりにも症状が酷い場合は本当に故障している可能性があるので、メーカーに修理を依頼もしくは調査してもらうことも検討しましょう。

-iPhoneテクニック
-,

テキストのコピーはできません。