お金を使う 定番サイト 稼ぐ

おすすめフリマアプリ・オークションサイト比較!不要なものを現金化!!

ヤフオク!

個人売買のネットオークションの老舗的存在のヤフーが運営するオークションサイト。
ユーザー数が多く、マニアックなものでも売れやすい。
基本は安価な価格設定からの競り落とし方式。

メルカリ

価格固定での販売が基本。即購入できるのがメリット。
全体的に価格設定は安価な傾向がある。
値切りが多く、コメント欄が荒れることもしばしばあり、コメントのやりとりが億劫になることも。

ラクマ

楽天市場が運営するフリーマーケットサイト。
基本はメルカリ同様だが、手数料が若干安めなので価格設定が安いことも。
利用者数がまだ少ないので、マイナーな商品は売れにくいかも。

ジモティー

基本は地元民同士で物やスキルをやり取りする掲示板サイト。
0円だったり格安なことが多い。ただし基本は手渡し。
無料で手に入れられたり、粗大ごみとなるような不用品が処分できることもある。

Amazonマーケットプレイス

大手通販サイトのアマゾン内で商品が売れる。
購入はアマゾンが販売する商品の製品ページ内で紹介されるため、入手困難なものでなければ定価以上の価格にはならない。
また出品者となるには月額手数料が発生するので、それなりの利益が望めない少量小額商品の売却には使えないだろう。

オタマート

アニメオタク専門のフリーマーケットサイト。
アニメグッズオンリーとあって、希少価値のあるものは高価で早めに売却できることも。

e-Bay / セカイモン

アメリカの世界最大のフリマ「eBay」公認の、日本語で海外製品が購入できるサイト。
出品に関してはebayに直接出品となるが、英語が必須で、発送ルート等手間は大きい。

-お金を使う, 定番サイト, 稼ぐ

テキストのコピーはできません。